リバース1話感想(YOUが魔女宅のオソノさんぽかった)と2話予告

 

昨日4月14日(金)に新ドラマ「リバース」(TBS系、22時〜)が放送されました。

1話感想と2話の予告をまとめました。

 

リバース1話感想

藤原竜也が珍しいドジっ子役

藤原竜也が主演で殺人犯と疑われてしまう。この流れはよくある映画とドラマのパターンですね。今回のリバースもそんなドラマの一つです。例えば、去年のドラマ「そして、誰もいなくなった」(日本テレビ)もそうでした。

ただ、今回の藤原竜也はちょっとどんくさくてドジな役柄です。クールな役柄が多いので、まさかこんなキャラとは思いませんでした。

そして今回、戸田恵梨香の恋人役。デスノートを思い出した方も多いのではないでしょうか。

おせっかいキャラの乾恭子が魔女宅のオソノさんぽかった

喫茶店を夫婦で営んでいるおせっかいな乾恭子(YOU)。彼女のキャラクターがとてもほんわかしていて可愛かったです。喫茶店の常連客和久(藤原竜也)と新しいお客美穂子(戸田恵梨香)をくっつけようとする所が良いキャラでしたね。先に帰る美穂子にわざと違うコーヒー豆を渡して和久に届けさせる。

これみて「あ、このキャラ!」って思いました。宮﨑駿の映画魔女の宅急便(魔女宅)に出てくるパン屋のオソノさんのようだと感じたのは私だけでしょうか?

オソノさんは、キキとトンボをくっつけようとして、わざとパン宅配のお使いをキキに頼みます。配達先がトンボだったのです。

しかも、美穂子がパン屋さんで働いているという設定は魔女の宅急便を意識して作られたように思えました。

 

 

 

 

 

 

 

リバース2話予告

リバース2話の予告動画はこちらです。


隠された罪が明かされる「俺は10年もの間 裏切り続けていた」 4/21(金)『リバース』#2【TBS】

そして、あらすじはこちらになります。

深瀬和久(藤原竜也)が冴えない日常生活に明るい兆しを感じていた矢先、恋人になったばかりの越智美穂子(戸田恵梨香)の元に、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が届いた。驚きを隠せない深瀬だが、思い出したことはただひとつ、唯一の親友・広沢由樹を失ったあの出来事だった。時は過去へとリバースし、悲しい事件が起きる2007年の冬―。

大学生活の思い出作りとして、ゼミ仲間である浅見康介(玉森裕太)、谷原康生(市原隼人)、広沢由樹(小池徹平)の4名で車でスノボ旅行へと向かった深瀬。宿泊先は、妹の明日香(門脇麦)と共に遅れて参加するという、同じくゼミ仲間の村井隆明(三浦貴大)の別荘だ。夕食の時間、飲酒を拒否する深瀬と広沢の態度にへそを曲げる谷原。責められる深瀬のことを気遣った広沢はビールを手にする。

そんな中、益々吹雪が強まってきたころ、村井から近くの駅まで迎えに来てほしいと連絡が入る。天候によりタクシーも捕まらないという。飲酒をしてしまったため、誰が村井を迎えに行くかの言い合いで険悪な空気が流れる中、気を利かせて手を上げたのは、酒をあまり口にしていなかった広沢だった。深瀬は、何もできない自分を悔やみながらも、広沢を心配し別荘から送り出すのだが…。

 引用元:TBS

 

 

 

 

 

 

あとがき

まだ10年前の事件の内容が詳しく語られていないですね。少しづつ焦らしながら明らかになっていく所がいい感じで次回の関心につながっています。2話目もすごく気になります。来週が楽しみです。