読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊洲市場問題の本質は?石原さんは悪なのか?ジャーナリスト有本香さんの見解

 

昨年8月に小池が就任して以来、連日のように築地市場から豊洲市場への移転問題がニュースの話題となっています。

昨日は、ついに石原都知事慎太郎元都知事が特別調査委員会、通称"百条委員会"に証人喚問されました。

一体この問題の本質はどこなのか?

ジャーナリストの有本香さんは、以下のような問題を指摘しています。

 

 

 

 

 

 

有本香さんプロフィール

有本香さんの紹介をします。現在、DHCシアターの真相深入り!虎ノ門ニュース(毎週木曜日朝8:00-10:00 https://www.dhctheater.com/)、ザ・ボイスそこまで言うか!(隔週火曜日16:00-18:00 http://www.1242.com/program/voice/)にて搭乗されています。

奈良県奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長を10年、上場企業の広報担当を3年経験したのち独立し、編集プロダクションを設立。
編集・企画プロダクションを経営する傍ら、チベット問題、中国、インドの社会問題、国際関係、日本国内の政治等のテーマを中心に取材し執筆活動を行っている。2011年12月19日から2012年3月21日まで、国土交通省海洋政策懇談会及び航空政策懇談会の委員を担当。2012年10月17日、内閣府死因究明等推進会議の委員に就任。

Wikipedia

 

土壌汚染問題は本当に問題なのか?

まず、一番よく出てくる土壌汚染問題。地下水の水質が環境基準を超えることが問題となっています。しかし、この環境基準というのは、「1日に2リットルを70年間飲み続けて健康被害がある人が出てくるか否か」という途方もなく高い基準なのです。飲用水ではなく地下水にこんな高い基準を持ってくる事自体がナンセンスなのです。

 

石原元都知事の罪はあるのか?

小池都知事が標的にしている石原慎太郎元都知事。

石原さんに本当に罪があるのでしょうか?

 

石原都政で豊洲移転プロジェクトが一気に加速

石原さんが豊洲移転を独断で決めたという事実はありません。

青島都知事の時代から移転先として豊洲が最有力候補としてあったのです。

しかし、移転プロジェクトがなかなか進まない中、石原さんが一気に加速させるのです。

東京ガスとの取引

東京ガスは元々売る気はなかった。そんな中、石原さんは交渉を浜渦さんに任せ、当時豊洲の平均単価80万円/m2の土地を50万円/m2で購入したのです。

 

小池都知事の罪

問題があるのは石原さんではなくむしろ小池都知事の方なのです。

移転延期を独裁的に決行

本来、移転を延期するなら、議会を通して決めるべきでした。

しかし、小池都知事は、議会を通すこと無く、マスメディアを利用し大々的に発表しました。そして、世論を味方につけたのです。

小池さんのやり方は、ポピュリズムを利用した独裁政治なのです。

 

豊洲の問題に目を尖らせ築地の問題は無視

豊洲市城井店の元々は、当然築地に問題が会ったことに起因します。

昭和10年開設した築地市場は老朽化が酷く、もはや安全とは言えない状況です。アスベスト対策など数百億円をつぎ込んだが、結局解決には至りませんでした。

狭い市場で操業しながら建て替えることは不可能ということで、移転の話が出てきたのです。

土壌汚染問題も疑問視されましたが、小池さんは「アスファルト・コンクリートで遮蔽されているので問題ない」との回答をしています。

それって・・・豊洲でもやってますよ。

 

延期による財政問題

延期に伴い、当然市場の業者さんの費用がかさんでしまいます。それらを補償しなければなりません。現在、市場全体のから補正予算として50億円を計上しています。築地市場の為だけに50億円もの大金を使用することに当然市場関係者から不満が出ています。しかし、今後これでは足らないため、都の一般会計(都民の血税)から補償していくことになるのです。

 

延期による東京五輪問題

豊洲問題で、東京五輪の費用を都・国・組織委員会でどう分担するのか?の議論が遅れています。

警備体制の議論もまだです。本来去年のうちに済ませておく議論がまだ決着が付いていないのです。

また、移転延期により、環状2号線の築地区間は2020年の東京五輪に間に合わなくなりました。この区間は、東京五輪の選手村とスタジアムを結ぶ基幹ルートとなる予定でした。これにより、道は晴海通り1本となり、渋滞は必至となりました。

東京港の問題

東京港というのは、本来経済大国日本の首都の港であるので、世界有数の港であるべきなのです。しかし、世界的に見てもありえないほどの小規模であり、国内で見ても5番目の規模の港にとどまっています。これは、海の問題ではなく、道路の問題です。環状2号線が完成すればこの問題も解決できるのに、豊洲移転の延期により、この問題も凍結状態にあります。

 

 

 

 

 

 

マスメディアの罪

マスメディアはこれらの問題の本質を取り上げるべきなのに、小池都知事に踊らされて、論点をずらして報道がなされています。テレビを見ると、本当に石原さんが悪者のように報道されています。

また、マスメディアはよく「権力の監視」する義務があると言いながら、こういった小池都知事の大問題を取り上げるどころか加担してしまっていて、一民間人となりなんの力もなくなってしまった石原慎太郎さん叩きに精を出しています。

どんなニュースも、マスメディアだけを見ていては本当のことは見えてこないです。ネット上の色んなメディアに目を通してみないと真実は見えてこないですね。