イッツ・ア・スモールワールド 休止&リニューアル どうなるの?いつから?

 

東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」がこの度リニュアルされます。

私もランドの中ではとても大好きなアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」。全然ディズニーキャラクターは登場しないけど、あの独特の雰囲気に感動を覚える。いつからリニューアル工事に入り、いつ再オープンするのか?

また、どうなってしまうのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

いつから再開するのか

クローズするのは2017年3月1日で、オープンするのが再来年の春!つまりこれってリニューアルするのに1年間もかけるということです。相当大幅なリニューアルということですね。

 

 

どうなるの?

旅の始まり、ヨーロッパのスカンジナビアには、映画『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフが登場。このほか、ヨーロッパでは、『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』など、アジアは『ムーラン』や『アラジン』、そしてアフリカでは『ライオンキング』など。

ディズニー映画で愛される様々なキャラクターが約40体加わることで、それぞれのシーンをより華やかに彩り、さらに幸せな船旅を楽しむことができるようになる。 

「イッツ・ア・スモールワールド」は、世界中のあらゆる国や人種・生き物のお人形さんが踊っている。そのお人形さんたちが地域毎に固まって配置されていて、ゴンドラで見て回るのだが、ちょうど成果を一周するような感じになっている。

今回のリニューアルで、40体の色んなディズニーキャラクターが加わるのだ。そのキャラクターが、それぞれのキャラに見合った地域に配置されるのだ。

アナ雪のキャラは北欧、アラジンは西アジアと言った具合だろう。

 

 それにしても、どうしてこのアトラクションに今までディズニーキャラクターは居なかったのか不思議ですね。それでも誰もがこの曲を聞けば、ディズニーを連想するはず。

私もディズニーランドに行ったこと無い時から、「イッツ・ア・スモールワールド」はディズニーの曲というイメージがキチンとありました。

 

 

 

 

 

 

まとめ

イッツ・ア・スモールワールドは、ランドに行った際には必ず行くアトラクションでした。そして行くたびに謎の感動が味わえるのでも大好きなアトラクションの一つだったんです。それが今春以降1年間も入れないなんて結構残念ですね。私はそれくらい好きでしたが、毎回そんなに混雑せずに入れるので、一般的にはあまり人気アトラクションではなかったのかもしれません。だから1年くらいクローズしていてもさほど影響ないのでしょう。そんな「イッツ・ア・スモールワールド」もディズニーキャラクターが40体も加わってリニューアルさせたら、行列のできる大人気アトラクションに変貌するに違いありません。再来年が待ち遠しいですね。

 

 

 

関連記事