読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

間寛平フルマラソン完走8年ぶり&ギャグ披露しながらって凄すぎるでしょ

 

*1

今日大阪市内にて行われた大阪マラソンに、間寛平さんが参加し完走を果たした。

狭間さんは8年ぶりに振りマラソンに参加した。しかも今回、ギャグを披露しながらのマラソン参加だったという。そんな凄すぎる間寛平のマラソンの様子と、これまでの凄すぎるマラソンの経歴を紹介する。

 

 

 

 

 

 

 

ギャグ披露しながらって?サービス精神満載

一体、マラソン中ギャグを披露しながらとは、どういった感じだったのだろうか?

レース中は沿道のファンの声援にすべて応えたという。「途中で止まって、ダチョウのギャグをやりすぎてペースダウンしたかも」と寛平は大笑い。実況しながら併走したMBS山中真アナウンサー(39)は「寛平さんはずっとしゃべりっぱなしだったのに。凄い人です」と脱帽していた。

 地元の大阪・加賀屋をマラソンで初めて走った。50年ぶりに会った同級生に沿道から声援を受けたそうだが「誰か分からんかった」。夫人や孫からゼリー飲料を渡されたが「何やっとんねん。はよ行け」とどぎつい激励も受けたそうだ。

 引用元:スポニチ

なるほど、沿道のファンからのリクエストだったわけである。いかにも大阪ならではの事だと思った。他の地域なら、マラソン中の選手にギャグをリクエストなんて発想が思いつくだろうか?いくら、選手が芸人とはいえ、実にユニークな発想だ。

そして、寛平さんもまた素晴らしい。そんなファンからのリクエストに応えてしまうのだから。サービス精神凄すぎるだろう。マラソン出場に長けた寛平さんだからこそ成せる芸当なのではないか?にしても、もう年は67歳。そんな体力的に余裕が有ることが凄いと思う。

 

 

間寛平のマラソン経歴

マラソン・寛平さんといえば、世界一周マラソン!なんと、世界一周いや、地球一周と言ったほうがより正確だろう。なんと、地球上の大陸は脚で走り、海はヨットで移動するという物凄いことを成し遂げたのだ。

更に、毎年恒例の日本テレビ系列で行われる24時間テレビ。今でこそ24時間マラソンが定番化し、毎年様々な芸能人が挑戦しているが、これを初めてやったのも間寛平なのだ。しかも1回きりではない。2年連続でやってのけたのである。

 

元々は、趣味でマラソンをやっていた。しかし、一般人としては、かなりの記録保持者であり、ギリシャのスパルタスロンにも参加経験がある。スパルタソンをご存知だろうか?これは名前から想像できる通りスパルタなマラソン。マラソンの聖地ギリシャで200km以上も走る鬼のようなマラソンである。

これらの実績から24時間マラソンの企画が誕生し、更に、世界一周マラソンというこの上ない超人的な企画が生まれたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

世界一周に比べれば、大したことではないかもしれないが、観客にギャグを披露しながらの完走。8年間のブランクがある上、67歳という高齢でやり遂げるなんて本当に凄いと思う。寛平さんのこの決めたことを達成しようとする力、そして、ファンを大切にする素晴らしい精神、私も見習うべきもだと思う。これからも寛平さんの新たなチャレンジに注目していきたい。