読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エド・はるみ小池塾に入塾

 

*1

本日30日(日)に池袋で行われた小池百合子都知事が開講する「小池塾」の入塾式に、エド・はるみが出席した。

エド・はるみを皆さん知っているだろうか?また、覚えているだろうか?

エド・はるみの経歴と、小池塾の入塾式での様子をお伝えする。

 

 

 

 

 

 

 

エド・はるみの経歴

こちら↓がエド・はるみさんだ。


エド・はるみ「社員教育係り 秘書・はるみ」

吉本の女性芸人だ。1964年5月14日生まれで現在52歳。

2000年代に、「エンタの神様」など様々なお笑い番組に出演し、ブレイクした。バライティー番組にも多数出演している。

しかし、それ位以前は、コンピューターのインストラクターやマナー講師など講師業をしており、芸能界の人ではなかった。

それが、2010年代は露出することがあまりなくなった。一体などうなったのだろうか?

  • 2010年10月10日に一般男性と入籍した。
  • 2011年12月3日、2009年以降急速にテレビ出演が減った原因は「島田紳助に干されたから」とする一部報道に対し公式ブログで反論、紳助との確執は全くなく、テレビから声がかからなくなったのは新入マネジャーの問題行動や私自身のこともあるのでしょうと説明した。
  • 2013年11月22日放送分のTBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』において、不妊治療に専念するため、年内いっぱいで社交ダンスの企画から降板することが発表された。その際「私は今年49歳になる」と告白したことから1964年生まれなのも明らかになった。
  • 2014年8月8日にエドの運転する乗用車とバイクが接触し、バイクに乗っていた男性会社員が軽傷を負った。エドはブログで事故の件を謝罪した。
  • 2014年漢字検定2級合格。
  • 2014年10月2日、一部週刊誌の記事及びインターネット上で展開されている事実無根の誹謗中傷のコメントに対して、法的手続きの対応を開始した。2009年以降から5年間に渡って誹謗中傷行為が繰り返されており精神的苦痛を味わい続けているという。担当弁護士はブログで「タレントであるとの一事をもっていかなる誹謗中傷に対しても、忍従しなければならないということにはなりえません」「言論の自由はあるが言論には当然に責任を伴います」と発言している。
  • 2015年、慶應義塾大学大学院の修士課程に合格。システムデザイン・マネジメント研究科でコミュニケーションについて研究している。

引用元:Wikipedia

入籍し、さまざまなトラブルとも会い現在に至っててるのですね。しかし、その後も資格を撮ったり再び学業に進んだりとエド・はるみさんらしい人生を送っていますね。

 

 

なぜ小池塾に入塾したのか?

では今回なぜエド・はるみは小池塾に入塾したのであろうか?

将来の政界転身は「いえいえ、勉強をしたいと思って」と、笑いながら否定した。

 エドは、小池氏が訴える「大義と共感」という考え方に共感しているといい、「都知事に当選してから、スピード感と行動力は、目を見張るものがある。すごいなと、いつも感動しています」と、小池氏の都政運営を評価。「政治塾を立ちあげるということを聞き、ぜひとも話を聞きたいと思った」と、述べた。

引用元:日刊スポーツ : nikkansports.com 

政界進出の意思を聞かれ、否定していますね。エドさんは教養もあるので、意志があるにしろ無いにしろ、こういった事にやはり興味があるんですね。流石だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

エド・はるみさんは、芸風からも経歴からもわかるようにとても勤勉な方だ。そして様々な講師をしていたこともあり、博識な方でもある。政治家を目指しているかどうかは分からないが、見た目も様になっているし、そんな才能もありそうである。

もし、政界に進出するような事があれば、是非応援したい芸人さんだ。