読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画デスノートLight up the NEW worldレビュー早速見たので感想(ネタバレ無し)

映画

 

本日10月29日(土)映画デスノートLight up the NEW worldが公開された。

早速、朝一の上映を見に行ったのでレビューします。

勿論ネタバレしませんのでご安心下さい。

 

 

 

 

 

 

 

今回なぜ6冊なのか?

従来のストーリーでは、デスノートは2冊のみ人間界に降臨した。

今回の見所の一つとなっているのが、そのデスノートが6冊に増えていること。

私が初めて今回の「デスノートLight up the NEW world」が2016年に公開されると知った時のプロモーションで一番印象に残ってたのはこのデスノートが6冊に増えるということだった。とてもインパクトが強くて、次はどんだけストーリーが複雑になってしまうんだ?とものすごく興味がそそられたのを覚えている。

勿論その6冊になった理由もこの映画の中で明らかにされた。

 

のっけから壮絶な展開が!

今作の序章部分でいきなり壮絶な展開が繰り広げられる。

このくだりで一気に観客は映画の中に引き込まれ、大興奮するに違いない。

事実私はそうだった。

勿論この巨大なハリケーンの中心にあるのはデスノート!

この展開、例えるならターミネーターの鉄板の展開に似ている。

ターミネーターを知らない方には申し訳ない例えだが、特にターミネーター2が近いだろう。ジョン・コナーをめぐり、新型・旧型のターミネーターが急接近し、いよいよ衝突してしまう。あのシーン同様の大興奮を味わうことができること間違いない。

 

 

やっぱり今回カッコよすぎる二代目L(竜崎)

前作にハマった人たちは、松山ケンイチ演じるL(竜崎)と藤原竜也演じる夜神月(やがみらいと)がメインキャラとして出てこない事を残念に思う人が殆どだろう。私もそうだ。

特に、前回の竜崎はかなり個性的で、デスノートで松山ケンイチを知った人もいるのではないか?ルックスも人間性も実に個性的だった。デスノート人気の大きな要因にもなっているだろう。

あのLのキャラは"かっこいい"とは少し違う。だが今回のLは予告編やhuluの短編オリジナルドラマをチェックした人ならわかると思うが、超かっこいい。二代目Lはイケてる男役だ。彼のかっこいい言動・立ち振舞がとても魅力的で、それはこの映画の面白さの一つである。

 

 

紫苑・三島・竜崎の人間性・駆け引きに注目

やっぱり一番の見所はキラ(デスノート所有者)の紫苑優輝(菅田将暉)、

刑事の三島創(東出昌大)、名探偵Lの竜崎(池松壮亮)の駆け引きだろう。

更に、人間性にも注目して頂きたい。三島は、いかにも刑事らしい刑事役。夜神月の父、夜神総一郎に近いキャラクターだろう。義理堅く、ルールにはうるさいタイプだ。

人情も厚い。

一方で、紫苑と竜崎は冷たい感じがする。ゲーム感覚で相手を追い詰めていくのことを楽しむようなところがあるので、そう思わせるのだろう。

しかし、そんな紫苑と竜崎が優しい一面を見せる場面、互いを助けたり、一時的に手を組む様な場面もあるのだ。そのギャップが見ていて面白みがある。

 

 

 

 

 

 

 

映画のグッズ紹介

パンフレットに掲載されているデスノートLight up the NEW worldオリジナルグッズのページを紹介しておく。

 

まとめ

初めて予告を見たときから今日この映画を見る日をずっと楽しみにしきた。

そして、いよいよ映画を見てみると期待通りの面白い展開で話が進んでいった。

しかし、終盤は思いも寄らない展開となる。これは完全に予想外で、そう来るかと拍子抜けした。それはそれで面白かった。

ただ残念なのは、これだけのストーリーをたったの2時間半に収めてしまってるのがもったいない感じがあった。燃料詰めすぎて酸素不足で最大限に燃え上がらない感じだ。

これは是非またドラマ化して欲しい。できればこのキャスティングで。

 

そうは言ってもとてもやっぱり実際に上映期間中に鑑賞に行くことを強くオススメできる一作でした。

 

 

 関連記事

 

 

 

ukipedia.hatenablog.jp

 

 

ukipedia.hatenablog.jp

 

 

ukipedia.hatenablog.jp

 

 

ukipedia.hatenablog.jp

 

 

ukipedia.hatenablog.jp