スケボー少女中村貴咲、Xゲーム金メダリストの凄さに驚いた!

 

中村貴咲さんをご存知でしょうか?若干16歳、高校生の女の子。彼女は、アメリカのXゲームでアジア人初のスケボー金メダリストなのです。

Xゲームとは?そして、彼女の凄さについてレポートする。

 

 

 

 

 

 

Xゲームとは?

正式にはエックスゲームズ(X games)。

いろいろな種類のエクストリームスポーツを集め、夏と冬の年2回開催されるスポーツ競技大会である。アメリカのケーブルテレビネットワークであるESPNによって開催され、アメリカを中心に全世界でテレビ放送される。競技は分類やスタイルによって多種に分けられており、その中で選手たちは金、銀、銅メダルを目指して戦う。
引用元:Wikipedia

Xゲームには、サマーXゲームと、ウインターXゲームの2種類があり、サマーは8月、ウインターは1-2月に開催される。

競技は、基本的にオリンピックなどの世界大会とは違い、アクロバティックなものが多い。

 

中村貴咲のプロフィール

中村貴咲さんは2000年5月22日産まれ。6歳よりスケボーを始めた。

日本でトップクラスのスケーターであり、海外の大会で優勝した経験もある。2014年アメリカはカリフォルニア州ハンティントンビーチで開催された、世界から選ばれしスケーターたちが集う「VANS USオープン」女子ボウルコンテストで見事6位に入賞を果たした。
また、2016年1月22日から2日間にかけて開催されていた「Girls Combi Pool Classic 2016 」においても5位入賞し、世界のTOPガールズスケーターたちのなかで好成績をおさめた。

若くして実績を積んできた中村貴咲、2016年3月18日に開催された「JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2016」では、SKATER OF THE YEAR 女性部門に選ばれ、これまでの歩みが評価された。
中村貴咲が得意技とするのはミラーフリップ。なかでも世界で数人しかできないとされる大技「ミラーフリップ540」は世界のスケーターを圧倒する大きな武器となっている。

引用元:https://fineplay.me/

更に、今年8月、テスサスで開催されたサマーXgamesのスケボーにて中村は金メダルを獲得した。これは、日本人としては勿論、アジア人として初の快挙である。

こういったストリート系のスポーツは欧米が先進的な状況だが、その中で日本人の少女がトップに君臨したことは物凄いことだ。

 

今後注目

2020年に開催される東京五輪の競技として、スケートボードが正式採用が決まった。

勿論Xゲームで優勝した彼女は、東京五輪でも金メダル最有力候補と言われている。

日本がストリートスポーツ大国だということはあまり知られていない。スケートボード、BMXフラットランド、ブレイクダンス、ダブルダッチ、スラックラインなどは、既に世界で活躍している若い選手がたくさんいる。

Red Bullのような企業がストリートスポーツやエクストリームスポーツのコンテンツを量産したり、Youtube・Instagramで世界中の選手のパフォーマンスが誰でもどこでも見れること、SNSで海外のイベントオーガナイザーなどと直接コミュニケーションを取ることが簡単になった影響も少なくない。

 引用元:Yahoo!ニュース

 彼女は、「東京五輪が正式種目になったことで新たな目標がまたできたことが嬉しい。」としながらも、「将来の目標は、東京で金メダルを取ることではなく、常に世界大会でトップに居続けること」と語った。

 

 

 

 

 

まとめ

スケボーみたいなストリートスポーツって凄くかっこいいですよね。しかも、ハーフパイプでギュンギュン滑ったり、空中でクルリンっと回ることは、かたから見ていてもかっこいいですが、やっている本人はすっごく気持ちいいと思います。私もやってみいいなぁっ。楽しそうだなって思いました。これから中村さんのテレビの露出も増えてくると思います。世界大会でももっともっと活躍していくのが楽しみですね。応援しています。