読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂の塔〜知りすぎた隣人 第二話がまたしても面白かった件ツッコミ感想など(見た人向け)

テレビ ドラマ

 

昨日、砂の塔〜知りすぎた隣人の第二話が放送されましたけど、またしても凄く面白かった。見ていて色々とツッコミ入れたくなったりしたのでそんな感想レポートです。

画像多めで重かったらごめんなさい。見た人向けですので、ネタバレ注意です。

 

 

 

 

 

 

ママ友ってめんどくさいなぁ・・・

お母さんたちの世界って怖すぎまて。まぁドラマなんでデフォルメしているんだろうけど。のっけからボスママ寛子の登場です。

ポイ捨ての犯人探し活動に朝から精を出しています。

これが最後あんなオチにつながるなんて・・・(ノ´∀`*)

 

エレベーターが混んでて「近道する」って航平くんは

どっか行っちゃうましたけど。

25階から階段はキツイでしょ。でも若いから行けるのか?

とそこに!

クラスメートの女の子。

しかも航平くんの事を気に入ってくれている娘。

 

そして亜紀はその後、そらを連れ弓子宅に。

弓子がそらに手を差し出しても・・・

警戒してママのもとへ。照れ屋さんていってたけど、

警戒しているような気がします。

 

弓子になつかないのを見ると安心しますね。

弓子の手口は、安心させておいて殺害してしまう

ような事を言ってましたので、なつかないうちは

手を出すことはできないでしょう。

 

そらちゃん、このお姉さんには近寄らないでね。

 

話はハーメルン事件へ

「私もそんな(子育て放棄する)母親殺してやりたいかも」

と本音を話す弓子。「冗談よ」と付け加えたけど

これには引きます。

 

ただ、ターゲットは母親ではなく子供。

なぜなんでしょう。

母親に後悔させたいのかわかりませんが、

子供を狙うのは卑怯だと思います。

やるなら親にしてくれ!と強く願います。

 

ここで今回のキーポイント。

上司「今月中に200万の契約取れ

へんかったら 大阪へ飛ばすぞ」

 

一方の母親達は、

煙草のポイ捨てネタ。亜紀「うちの夫は禁煙中だから・・・」

綾香(ホラン)最近いつも、中途半端に村八分ですね。

ちゃっかり話は聞いていますが。

ボスママ寛子と亜紀の両方を嫌っています。

 

ここで寛子が、出産中のママが居るので、そのママのために

ベビーシャワーをやろうと切り出します。

ベビーシャワーとは、

ベビーシャワーとはアメリカ発祥の妊婦さんのためのお祝い習慣。

赤ちゃんが生まれる前、ちょうど主役である妊婦さんが8ヶ月あたりの安定期に入る頃、親しい友人や家族とのパーティ形式でお祝いする行事です。

アメリカで始まったこのパーティ、もともとは大人の女性だけの集まりで開かれていたもの。
一昔前は男性、子供は禁止。
初めての出産のときにだけ開かれていたこのパーティは男性が結婚前にやるバチュラパーティ的なのりで、母になる前の“女”を楽しむ的な要素もあったようです。

引用元:ダイパーケーキ(おむつケーキ)マイスター、ベビーシャワープランナー資格取得はベビーシャワージャパン

だそうです。

アメリカはママ会先進国ですね。

 

この引用元見てびっくりなんですが、法人化されていて、認定資格まで用意されています。ついでに話に出てきた「ダイバーケーキ」についても書かれています。

ベビーシャワーになくてはならない存在のダイパーケーキ。

日本流にいうと“おむつケーキ“のことです。

今日本では、ご出産後のお祝いに使われていることが多いようですが、アメリカでは、出産前のベビーシャワーに贈るのが一般的。

バースデーパーティ = バースデーケーキ
ウェディング = ウェディングケーキ
ベビーシャワー = ダイパーケーキ(おむつケーキ)

  引用元:ダイパーケーキ(おむつケーキ)マイスター、ベビーシャワープランナー資格取得はベビーシャワージャパン

 ママたちの間ではそんなに一般的なものなの?そとも、この団体からのアピールがメディアに対してあったのか?

 

ボス寛子「誰かベビーシャワー幹事やってくださらない?」

 ボスのこーゆーとこ嫌われてますよ。

ボス以外のママたちは結構亜紀には親切ですよね。

ベビーシャワー幹事がいかにキツイか教えてくれています。

とそこに母親から着信。

着拒しとけばいいのに。

 

転勤の話を持ち出された夫健一はその夜。

隣の客「ここ禁煙ですよ。」

その様子をしっかり目撃した綾香。

この時はボスの夫すごく感じ良かったんだけどなぁ。

いざ契約の話になると、

急に態度悪くなりました。やっぱり嫁が嫁なら旦那も旦那。

 

 

そらちゃんはマジで行動が神がかっている!

 さっきも弓子に擦り寄っていかなかったし、今度は隠しカメラに水をかけようとして。

本能で悲劇を回避する能力を秘めているのではないか?

 

なのにこんなそらちゃんを責めたりして。。。

 

 

 

やっぱりボスはがんちゃんの事気に入ったんだ。 

このデレデレ感にちょっと引きました。

その直後

よりにもよって、「おさるのジャンケン」を踊っている恥ずかしい姿をボス見られてしまいます。

これを機に、ボスの態度があからさまに一変

これには流石にママたちもドン引き。

ママたち勇気を出して、ボス寛子に立ち向かって欲しいです。ま、そうはならないでしょうけど。

 

それよりもおかしいのは弓子。

 なんで見て見ぬふりをするのでしょうか。

親友ぶって相談に乗ったり手伝ったりするくせにこれは酷いです。

ボス寛子はいいんです。初めからそういう人だってのはわかってますから。

けど弓子はおかしい。寛子に文句言うくらい余裕のくせに。

しかも弓子は別にママ会に属しているわけではないので、何のしがらみもない。

 

どうも弓子ははじめから亜紀のことが気に入らないのではないかと思ってしまいます。

騙して突き落としてしまおうという魂胆が見えてしまう。

 

それにしてもなぜ、寛子は亜紀の過去の恥ずかしい過去の事を知ってたのでしょう?

航平に聞いたのでしょうか?航平と亜紀との秘密の約束を上手いこと掻い潜って聞き出せたとしても航平は、亜紀が気にするほど知らなかった。

別の情報源があるのでは?と思いました。

 

もう航平の「2人のヒミツ」は私には信用できません。

 

エンディング間際に謎が続出

エンディングに3つの謎が。

 

謎1

寛子が弓子に亜紀情報を電話でタレコミ。

もうこれを見るとやっぱり浮気を理由に亜紀をターゲットにしているのはおかしい。

ボス寛子だって航平のこと狙っているわけだし、主婦合コン進んでやってきたじゃん。

なんで亜紀狙いなの?そういうふうにドラマ演出している丈でじつは違うのか?

はたまた亜紀に何か恨みがあるのか?

 

謎2

更に弓子には共犯者がいる?

花屋の新情報に加え、この落書き事件。男の共犯者(弓子の男?)がいるらしい。

こんな足がつくような真似をして何の意図があるんだ?

 

謎3

息子和樹の友達付き合い

悪そうな仲間とつるんで、、、何か新たな問題が出現しそうな予感。

 

 

 

 

 

 

 

最後のオチに笑ってしまった

冒頭、禁煙違反&ポイ捨て犯人探しを先陣切ってやっていたボスママ寛子でしたが

結局犯人は、

あんたの旦那だったのかよ。

これには、笑ったし、めでたしなオチでした。

 

 

 

関連記事

 

 

ukipedia.hatenablog.jp

 

 

ukipedia.hatenablog.jp