読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒キノコ注意報!被害相次ぐ。きのこの秋に要注意!!判別方法はこれだ!

f:id:peachandcherry:20161010132707j:plain

 

今年は、全国各地で毒キノコの被害が相次いでいます。特に、秋はきのこのシーズン。

きのこを採取し、食べて当たってしまう人が21人にものぼっているそうです。

今年の9月は残暑がきつく、降水量もたかった。それが毒キノコが増えた原因なんだそうです。

そこで、皆さんに注意していただきたく、毒キノコ・食用キノコの判別方法をまとめたので御覧ください。

 

判別方法はこれだ!

判別する際、大切なことは、

見て明らかに食べられるキノコを採取すること。

知らないキノコには手を出さない。

これが鉄則になります。

では、どのキノコが食べられるのか?

www.kinoco-zukan.net

こういったサイトを参考にするといいでしょう。

 

また、今こういった便利なアプリも存在します。

その名も「きのこ判定機」。スマホで写真を撮影するだけで、キノコの種類がわかるというものです。iOS版とAndroid版両方あります。

きのこ判定機

きのこ判定機

  • Yasuhiro Nawachi
  • ライフスタイル
  • 無料

 

きのこ判定機
価格:無料
平均評価:2.3(合計19件)
ダウンロード:5,000回以上
(2016年10月10日時点)

 

野生のキノコに対する注意点もあります。ご注意下さい。

◆4つの対策◆
  1 正しい知識を身につける.
ちゃんとした図鑑を通して,また有識者(各地の林業試験場,博物館などの専門家のいるところ)のもとで学習するのが最善の道です.広くきのこに関して,食べられるものばかりではなく,毒のものや,毒でもなく食用にも適さないものまで広く知識を深めることが大切です.そうすれば,毒きのこの見分け方はおのずとわかってきます.また,きのこの学習は,生で覚える必要があるので機会があればできるだけ各地の観察会に参加するとよいでしょう.
  2 野生きのこを食料にするときの原則
 ● 食べ過ぎに注意する.
 ● できるだけ生で食べないようにする.
 ● 古くなったものは食べないようにする.

きのこ自体は,あまり消化がよいものではありません.たべすぎると下痢をしたりします.また,きのこは生ものですので,古くなると食用に適さなくなります.これは店で買ってきたものもあまり古いものは食用にできなくなるのと一緒です.例えばマツタケで中毒した例があります(マツタケの中毒

 3 体調や個人差もある
ハタケシメジで中毒した人もいます.その日の体調,個人の体質も関係があるようです.
 4 幻覚きのこでおもしろ半分にあそばない
幻覚きのこは毒きのこです.おもしろ半分に手をだすと命取りになります.また,きのこは,漢方薬のように,季節や産地によって成分の差が激しいことも知られています.また人によって感受性に個人差があります.注意しなければなりません.
引用元:千葉の県立博物館 デジタルミュージアム

 

また、気をつけなければならいいのはこれまでの迷信です。それらは、タダの迷信であって真実ではないようですので注意が必要です。

      ① 地味なきのこは食、派手なきのこは毒・・・×
        
あなたはどっちを食べますか?
      ② 
柄が縦に裂けるきのこは食べられる・・・・・×
        
毒きのこのほとんどが縦に裂けます。
      ③ 
虫やナメクジがつくきのこは食べられる・×
        
彼らは猛毒きのこを平気で食べてます。
      ④ 
ナスと一緒に料理すれば毒が消える・・・・・×
        
誰が言い出したのかこんな大うそ。
      ⑤ 
食べられるきのこはいい臭いがする・・・・・×
        
毒きのこでもいい臭いがします。
      ⑥ 
煮汁で銀のさじが黒くなれば毒・・・・・・・・・×
        
欧州の言い伝え。科学的根拠ナシ。
引用元:ドキッときのこ

 

まとめ

秋と言えば、食欲の秋、味覚の秋、であると同時に登山の秋。山に行くのが気持ちのいい季節です。また、キノコもこの時期シーズンなので、どうしても食べたくなっていまいます。私は山に聞くのは好きですが、キノコ狩りはしたことがありません。怖くてチャレンジしたことがないです。けどきっとやればハマると思います。自分で採取したキノコを自分で料理して食べるのは最高だと思います。また、市販されていない食用キノコに出会って、ハマればとても幸せなことでしょう。しかし、前述したように、今年は特に気象柄、毒キノコの当たり年ですので、キノコ採取される方は十分に注意して、秋の味覚をエンジョイしていただきたいと思います。