読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベッキー ワイドナショーに出演!ゲス川谷絵音について語ったので内容をざっくり会話記録したよ

芸能 テレビ

 

f:id:peachandcherry:20161009185429p:plain

ベッキーが本日10月9日(日)フジテレビ系列「ワイドナショー」(朝10:00-)に出演

 

それでは、ダイジェストで番組の様子を見ていきます。

 

 

 

 

 

 

ざっくり会話録

番組始まるやいなや

東野幸治「おはようございます!さぁ、ベッキーさんでございます」と振り、開始わずか3-4秒でベッキー。

松本「スタッフから1ヶ月半前に『ベッキーさんどうですか?』と聞かれて、『俺は全然ええけども、そのときにもし、例の彼がその週に何かあったらその時はいじらなあかんで』て言うてたんやけど、何かあったもんなぁ」

スタジオ爆笑

松本「話題集めみたいにするのはホント嫌なんですよ」

東野「フラットな状態(何もない状態)時に来ていただきたかったんですけれども、元カレの方も・・・」

松本「元カレなんて言うてええのかよ」

東野「申し訳ございません」

ベッキー(苦笑)

 

ベッキー「今日のワイドナショーに向けて本当に緊張して食欲があまり無くて・・・」

松本「ちょっとどういう意味なのか分からないんで詳しく説明してもらっていい?」

ベッキー「知ってるでしょう(笑)」

 

続いて宝島社の広告の話題に。

東野「また後ほど聞いていきたいと思うんでどうしても答えられなかったら『無理です』と言っていただいたら」

と気遣っていました。

 

そして早速、川谷絵音の活動自粛発表のニュースへ。

東野「さぁベッキーさん、なかなかコメントもしづらいと思うんですけれども」

松本「ハッハッハッハッ・・・・までもある意味専門家やから」

ベッキー「1月に私との騒動があって世間の皆様から厳しい声を、私も川谷さんも頂いて、世間の厳しい目がある中でお互い活動したり生活してたと思うんですけど、そういった中でこういった行動を取ってしまったというのは、未然に防げたのではないかと思います」

とここで唐突に、

東野「でもベッキーさんが、川谷さんが結婚してるというのを知ったのは好きになった後なの?」

ベッキー「・・・はい!・・・」

東野「川谷さんはそれだけ魅力的な人だったの?」

ベッキー「元々ファンだったので」

松本「CDとかiTunesとかそれ今どうなってるの?」

皆「早いですよ」

東野「それエンディングで聞こうと思ってたのに」

松本「ちゃうや、お前(東野)が先走るから負けず嫌い感が出てもうたんや」

と言った感じでとても盛り上がっていた。

また、

松本「(川谷と飲んでいた女性ほのかりん)名前もまぁも酔うてるみたいな名前ですからねぇ。酒気帯びみたいな名前じゃないですか」

東野「それはないですけど(笑)」

松本「これに関しては川谷さんがそこまで悪いとは思いませんけどたまたま運が悪かったというか、バチが当たったというか、もしかしたらさんミュジッーク(ベッキーの事務所)の刺客なのかもわかりません」

ベッキー「それはないと思います」

 

ベッキーが自分の立場を気にしながらツッコミを入れていると、

ヒロミ「ベッキーさ、ツッコむときは明るくツッコんでいいんだから。大丈夫よ」

ベッキー「(明るく)わかりました」

と、ヒロミの優しい面が出た。

 

その後、ベッキーの当時の心境などの話になり、

松本は、ベッキーはいい人なんだけど、世間でそれ以上にいい人のイメージが進みすぎて、ベッキーもそれに乗っかってしまったからつま先立ち状態になってしまった。

だから余計にあの出来事のインパクトがデカかったんだ と語った。

 

また、ラジオ現場に報道陣が押しかけて無視したら無視したで何か言われるし、難しいね といったことも語った。

 

センスンススプリングについて

やはりセンテンススプリングにも触れた。すごいセンスだねと褒められ、流行語大賞になるかもと言われたが、ベッキーは顔を覆い、返す言葉がなかった。↓

f:id:peachandcherry:20161009185226p:plain

 

 

まとめ

今日の放送でだいぶ流れが変わった。ベッキー自身 騒動について明るく語ることができたし、もうこれ以上のバッシングは無いだろう。ベッキーの事務所も各局も今回出演の反応を伺っていたと思うが、これは今までのものよりも大分いい感じの手応えがあったはずだ。世間の信頼を取り戻してまた活躍できるようにこれからも頑張って欲しいです。

 

 

 

 

 

 関連記事

 

ukipedia.hatenablog.jp

 

 

ukipedia.hatenablog.jp

 

 

ukipedia.hatenablog.jp

 

 

ukipedia.hatenablog.jp