読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Pixel 発表!一体何がスゴイのか?噂情報まとめた

アイテム 生活

 

 

f:id:peachandcherry:20161007072417p:plain*1

 一昨日、Googleより新型スマートフォンPixelが発表された。

これまでGoogleの自社ブランドのスマートフォンといえばNexusが存在したが、今回のPixcelは大きく一新したものとなっている。

では一体何がスゴイのか?をまとめてみた

 

 

 

 

 

Pixelのここがスゴイ!

f:id:peachandcherry:20161007072549p:plain

*2

このPixel、GoogleがあえてNexusから名前を変えて搭乗させるほど力を入れているで実はスゴイ所がいくつもある。

 

15分充電で7時間動作

なんとたった15分の充電で7時間も動作する急速充電。30分充電で14時間持ってくれたらいいが、流石にそれはないかな。おそらく15分以降は比例して使用時間が伸びるということはなく、同じ充電時間内に動作する時間は短くなっていくはずだ。

この機能はまぁ、他のメーカーのスマホにもある機能だ。

容量無制限の写真とビデオをクラウド保存

これぞGoogleらしい、Googleにしかできないサービスだろう。

Pixel内の写真とビデオを画素数に関係なく無制限にクラウド上に保存してくれるという物凄いサービスだ。

ビデオは、Pixelのカメラでは4K動画が撮影が可能だが、それを4K動画のまま保存してくれるのだ。

私は、iPhoneを使用しているのだが、iCloudではすぐに無料分の容量上限まで使い切ってしまうため、このサービスは羨ましい。

 

ただ、もともと写真は、Google フォトというサービスで16Mピクセルまでの画像を縮小させずに無制限で保存してくれるサービスを提供している。Pixelのカメラは12Mピクセルなので、Google フォトを使用ていてもそのまま保存される。また、Google フォトはフルHDまでの動画も保存してくれる。4K動画は流石に保存されないが、これも、YouTubeになら保存するということも可能だ。

よって、このサービス実は、Google のサービスを使いこなせばもともと可能なのだが、Pixelに関してはもっと簡単に保存ができるはずだろう。期待のサービスだ。

 

音声認識 AI "Google Assistant"

iPhoneにはSiriがある。AndroidにもGoogle nowが存在する。

では、Google Assistantは?

実はこれ、Google nowよりも更に凄いサービスになっているらしい。より自然な会話ができるとの事だ。どれだけ凄いのかは未知数だが、この手のサービスはGoogleはものすごく強いのでかなり期待できそう。

 

 

 

基本スペック

基本的なスペックも見てみよう。 モデルは2種類。PixelとPixel XLがある。

iPhoneに例えると、iPhone7と、iPhone7 Plusに相当する。 XLはその名の通り大きいサイズのモデルだ。

[OS]Android 7.1Nougat

[ディスプレイ]

Pixel       : 5.0インチ  1920 x 1080 ピクセル  441ピクセル/インチ

Pixel XL  : 5.5インチ  2560 x 1440 ピクセル  534ピクセル/インチ

[カメラ]

背面 12.3Mピクセル

全面 8Mピクセル

[サイズ・重量]

Pixel 

長さ: 143.84 mm
幅: 69.54 mm
高さ: 下部 7.31 mm、上部 8.58 mm
重量: 143 g

Pixel XL  

長さ: 154.72 mm
幅: 75.74 mm
高さ: 下部 7.31 mm、上部 8.58 mm
重量: 168 g

[バッテリー]

Pixel 

2,770 mAh

Pixel XL  

3,450 mAh

 

 

 まとめ

 Googleが名前を一新して出す端末なのでかなり力を入れていると思える。

期待できる端末だろう。

AndroidってiPoneに比べると操作感がイマイチだと思っていた。

指で操作したい感じと、実際に動く画面とに結構差を感じる。

PixcelはGoogle自身が出す端末なので、そこら辺はしっかり作り込まれているだろう。

 

少し残念なところは、防水機能とFelicaが搭載されていないことだ。先日発売されたばかりのiPhone 7に新しく追加された機能なだけに結構気になってしまう。

 

日本での発売はまだ未定のようなので、今後のリリース情報に注目していこう。