読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンダの赤ちゃん誕生かわいいくて癒されます。和歌山と四川省 

 

 

 

 

 

和歌山県で1匹のパンダ誕生

和歌山県では観光施設アドベンチャーワールドで9月1日に誕生しました。同施設では15匹目だそうで、このうち14匹は今回産まれた赤ちゃんと同じお父さん永明(エイメイ)24歳なんだそうです。今回のお母さんは良浜(ラウヒン)16歳。

 現在アドベンチャーワールドでは、この産まれた赤ちゃんの名前募集中です。

詳しくは、以下の画像のリンク先を御覧ください。

f:id:peachandcherry:20161003222724p:plain

pandababy-aws.com

 

中国四川省で一気に23匹も!

お隣中国の四川省でも赤ちゃんが産まれました。その数なんと23匹!!

やっぱり本場はすごいですねぇ。

本記事のトップ画像もこの23匹のパンダの赤ちゃんの画像なんです。

どうですか?癒されるでしょう。

実は近年、竹ばやしの伐採のし過ぎで中国大陸の奥に生息するパンダの数が減ってきて

絶滅危惧種に登録されていたんです。ところがこの10年の間に2000頭を超える確認もできたことにより、絶滅危惧種から外されていたのです。 

Twitterでの反応は・・・

今回のニュースへのツイートがあったのでご紹介します。 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 パンダの赤ちゃんの可愛さ、破壊力は凄まじいものがあります。

日本のパンダは全て中国からのレンタルなんだそうです。

よって、産まれた赤ちゃんはいずれ中国に返さなければならないとのことです。

せっかく産まれた赤ちゃん。人間の都合で親子バラバラにしてしまうのはとても可愛そう。返すなら独り立ちしてからにして欲しい。

それにしても、パンダの赤ちゃん・・・こんなに愛くるしい生き物が存在することが、この世のキセキのように思える。それくらい凄い生き物だと思います。私もひさびさにものすごく癒やされました。パンダさんありがとう(*^^*)